よりスムーズな短期乗換えを行う為の方法。夢のセカンドカーを本気で検討中。

  • URLをコピーしました!

みなさんこんにちは!

マーズブログ管理人のmaaz(マーズ)です!

今回はタイトルの通り私がずっと夢見ているセカンドカーについての記事になります!

Twitterのフォロワーさんはなんとなく知っている方もいらっしゃると思いますが、かなり前からちょいちょいTwitterでセカンドカー欲しいツイートをしていましたが、なかなか駐車場等の諸々の事情によりなかなか実現できませんでした…。

しかし、最近になって一番のネックであった駐車場問題もクリアできる目途が立ち、一気に夢のセカンドカー所有が現実味をおびてきましたので皆さんにもご報告しておこうと思います。

勿論まだ、「購入決定!」となった訳ではありませんし、実際購入できるかは分かりませんが、今回は私が「セカンドカーが必要」と思った経緯や「セカンドカーに求める条件」を記していこうと思います。

こういった想いに至ったのにはちゃんと理由があるんです…。

私と同様にセカンドカー購入を検討している方や短期乗換を行っている方は一つの行動パターンとして参考にして頂ければと思います。

気になる方は続きをご覧ください^^

目次

よりスムーズな短期乗換えを行う為の方法。夢のセカンドカーを本気で検討中。

もうすぐ契約から約半年待ったレクサス新型NXの納車が迫っている私ですが、人によってはネガティブな印象だったり「YouTuberのマネしなくていいから!」なんて思う方もいらっしゃるかと思います。

確かに車に対する価値観というのは人それぞれなのでそう感じる方も一定数いてもおかしくはありません。

しかし、私はワンソクさんの様な「車買う系」を目指している訳ではありませんし(あんなに買えません…)、なれるとも思っていません。(笑)

以前からセカンドカー所有を目指していた理由としては大きく2つの理由があります。

私がセカンドカーを意識した2つの理由

トヨタヤリスクロス

①まず一つ目の理由としては

純粋に車が好きだから。

笑ってしまうような理由ですが、これが根本になければセカンドカーが欲しいなんて思わないですよね。

私はここ数年短期乗換を繰り返していますが、車で儲けようとは思っていませんし(車を資産として上手く運用されている方は全く否定しません)、リセール意識しながら好きなクルマに沢山乗って、結果的に安く乗れたらいいよね!という感覚で乗っています。

特に近年は自動車業界も変革期にあり技術の進歩は凄いスピードで進み、魅力的な新型車が次々に発売されています。

日産NOTE

限られた人生の中であと何台の愛車に乗る事が出来るのでしょうか?

私はより多くの車と接したいと考えています。

②そして2つ目の理由。

スムーズに短期乗換を行う為。

数年前に30前期アルファードを始めて購入して以来、私は毎年新車に乗り換える所謂「短期乗り換え組」として車を購入してきました。

このブログを始めたキッカケもこのようなお得な乗り換え方法を皆さんに伝えたいという想いがあっての事です。

ブログ開設は約2年前

このブログを開始した後も、一旦5台乗り継いだ30アルファードから離れ、レクサスRX、そして今回のレクサス新型NXと短期乗換を行ってきた訳ですが、常に1台で回していた私が感じていたことはやはり車両入替時の代車の手配の面倒さや、愛車の売却時にフットワーク軽く動きずらいという事ですね。

代車に関してはこれだけ短期乗換をしていると人脈もそれなりにありますので、格安で代車を提供してくれる方がいたり、時には数ヶ月無料で提供してくれる業者もいらっしゃいました。

こういった人脈が出来た事は非常にありがたい事ですが、車好きとしては1、2か月でも自分の好きなクルマに乗れない期間があるのは結構苦しいものなんですよね(笑)

それが嫌で、ある程度売却相場の知識が付いた頃からは納車と売却ができるだけ重なるようにスケジュールを組むなどして代車期間をできるだけ短くする方法を取っていましたが、コロナ禍に入った約2年前から売却相場も不安定になり(いつ売却相場が上昇するか分からない)セオリー通りに行かなくなってしまったんですよね。

この頃から本格的に「短期乗換をスムーズするならセカンドカーが必要」と感じるようになりました。

最近では半導体や部品不足による新車の納期が大幅に遅延している影響で中古車が高騰していますが、すべての車種が常に高い訳ではありませんし、高い相場の中でも上下動は確実にありますから、ピークの相場で売却したいのならば、フットワークの軽さが必須なんですよね。

短期乗換は「安く購入して高い時に売却」が基本ですが

1台で回している状況ですと、どうしても代車の手配や足が無い生活への不安がありフットワークが重くなってしまうんですよね。

昨年の12月に売却した前愛車のRXも結果的には及第点と言える金額でなんとか売却する事が出来ましたが、私が望んでいた金額には程遠い売却金額でした。

私がレクサス車やRXのリセールに対して勉強不足であった事は間違いありませんが、実は少し前に「売り時」と言える時期があったんですよね。わかる人はは分かると思いますが。

もし、その時に私がセカンドカーを所有していれば結果は違った物になっていたかもしれません。

勿論RXという車には私も非常に満足していましたし、12月まで乗り続けた事自体に全く後悔はありません。

これだけ新型NXの納期が遅延する事のならもっとギリギリまで乗っていれば良かったです(笑)

しかし、短期乗換を行う以上、そのような失敗や教訓を生かし、今の時代に合った手法を行動を次は取り入れていかなくてはいけないと感じました。

理想のセカンドカーの条件は?

ホンダN-BOX

ここまでは私がセカンドカーを検討し始めたキッカケについて記してきましたが、ここからは肝心な「私が求めるセカンドカーの条件」に付いて簡単に記していこうと思います。

足車と言えど、車好きとしてはなんでも良い訳ではありませんので、なんとなくでも自分が必要な条件を明確にしておくことはとても大事ですね。

私は高級車を何台も購入できるお金持ちさんではありませんので、慎重に車種選びは行わないとですね(笑)

maaz的セカンドカーの条件
  • できるだけコンパクトが良い。
  • 重厚な乗り心地より軽快感を優先
  • 安全装備、運転支援が充実。
  • 形状は拘らない。
  • 気に入れば軽でも可
  • できるだけ新しい車(フルモデルチェンジしない)
  • ソコソコ距離を乗っても値崩れしにくい。
  • 出来れば200万円台の車種が良い
  • リセールが良い

ざっと私的な条件を挙げて見ましたが、要するに普段使いだからコンパクトでキビキビ扱えるサイズ感の先進装備が充実したリセールの良い車が欲しいという事です(笑)

人それぞれ条件は違いますが、私が必要としているのは上記の様なポイントになります。

ちょっと近所のコンビニに行くのにNXを出すのは正直気を使いますからね(笑)

これはアルファードやRXを所有している頃から感じていた事です。

あとはやはり外せないのはリセールですよね。

こういったことを言うと「安い軽でも乗っとけ!」と怒られそうですが、軽自動車でも適当に車種選びすると痛い目に会いますので私は拘っていきます。

まとめ

という事で今回は私のセカンドカー選びについて記事にしてきましたがいかがでしたでしょうか。

短期乗換って一般的には批判される行動の印象ではありますが、車に対する愛情表現って人それぞれ違いますし、私は短期乗換を繰り返していても自分の愛車に十分な愛情を注いでいる自身がありますので、車好きの行動パターンの一つとして捉えて頂ければと思います。

トヨタライズ

私にとってセカンドカーの所有って結構ハードルが高く、様々な条件をクリアしていかなくてはならないのでまだ本当に購入に至るかは分かりませんが、実際に試乗や見積りは既に数台行っていますし、購入にはかなり前向きなので、本当にセカンドカーの購入が現実となる様、値引き商談も頑張っていきたいと思います(笑)

そしてゆくゆくはスムーズな短期乗換の様子を皆さんにお伝えできればと思います。

もし、皆さんのおすすめセカンドカーがありましたらコメントや、Twitter等のDMでアドバイス頂けると嬉しいです!

それではまた次回の記事でお会いしましょう^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる