大人気、大注目コンパクトSUVトヨタ新型ヤリスクロス見積もりました!気になる車④

みなさんこんにちは!

管理人のmaazです!

今回は発売間近の大注目のトヨタヤリスクロスの見積もりをもらってきましたので早速速報的な形で公開していきます!

私がお世話になっているマイディーラーさんのご厚意で実車も拝見してきましたが、正式発表前ということで、写真の公開にNGが出てしまいましたので、今回は上位グレードであり、私の考える最もリセールに期待のできるガソリンのZグレードHYBRIDのZグレードの2タイプの見積もりのみ公開したいと思います!

詳細は正式発表後にまた改めてレポートしますので、お楽しみに!

※9/4最新記事アップしました!ヤリスクロスの内外装記事はコチラ↓

https://maaz-blog.net/archives/764

私も非常に気になっている新型ヤリスクロスの価格はいかに!?

簡単な記事にはなりますが、ご興味ある方はどうぞ^^

目次

大人気、大注目コンパクトSUVトヨタ新型ヤリスクロス見積もりました!気になる車④

それでは早速新型ヤリスクロスの見積もりを見ていきましょう!

ヤリスクロスガソリンZグレード見積もり

まずは大本命である

1.5LガソリンモデルのZグレードから行きましょう!

コミコミの価格がコチラ!

↑クリックで拡大します

コミコミ309万円!!

おおー!思ったより高いかな??

これは、もし私が買うならという事でリセールに有利なOPは惜しみなく付けています。

特にモデリスタエアロもOP‘設定していますので、こちらのエアロを外せば確実にコミコミ300万以下安全装備充実の新型ヤリスクロスの最上級グレードが手に入ります!

詳細を見ていくと…。

ガソリンZグレード

車両本体価格 2,210,000円

主な標準装備 

トヨタセーフティセンス

■プリクラッシュセーフティ

■レーダークルーズコントロール(全車速追従)

■レーントレーシングアシスト

■オートマチックハイビーム

■ロードサインアシスト

■インテリジェントクリアランスソナー

■電動パーキングブレーキ+オートホールド

標準装備を見ただけでもこのクラスとは思えない装備の充実っぷり!

これだけでも十分ですが、私は今回リセールを意識して以下のOPも追加して、見積りを作成していただきました!

主なメーカーOP

■スペアタイヤ  14,300円

■ステアリングヒーター  11,000円

■ハンズフリーパワーバックドア  77,000円

■アダプティブハイビーム+カラーヘッドアップディスプレイ  99,000円

■パノラミックビューモニター+BSM+RCTAB  77,000円

主なディーラーOP

■TVコントロール36,300円

■モデリスタエアロ

フロントスポイラー 135,300円

サイドスカート 84,700円

リヤスポイラー 84,700円

ほとんどが贅沢品という感じですが、アダプティブハイビームやパノラミックビューモニターは絶対に付けて損はしないと思います。

その他の装備も将来のリセールには少なからず影響するアイテムですので、お好みで選べばよいと思います。

それにしてもモデリスタは高すぎですね!(笑)

因みに、今回のヤリスクロスの売りの一つである、駐車支援装備のアドバンストパークリセールに影響しないと判断し、選択しませんでした!

実際私が現在所有している30後期アルファードにも駐車支援装備は付いていますが、リセールには全く影響しません(笑)

ヤリスクロスHYBRID Zグレード見積もり

続いてHYBRID Zグレードの見積もりを見ていきましょう!

コミコミ価格はコチラ!

↑クリックで拡大します。

コミコミ335万!!

おおー!!

ヤリスクロスHYBRID Zの車両本体価格は2,584,000円なのでガソリンモデルとの車両本体価格の差は約37万円ありますが、ご存じの通り、ハイブリッドは税金が優遇されますので、コミコミでのトータル金額の差は約30万程になっています!

この金額の差をどう判断するかはあなた次第ですね!

勿論、ハイブリッドは燃費以外でも魅力的な部分は沢山ありますので、ハイブリッドのフィーリングがお好きな方は良いと思います!

しかし、私のようにリセールも重視される方はガソリン一択になると思います。

その理由は私のブログをお読みの方ならもうお分かりですよね!^^

まとめ

さて今回は簡単にですが、大注目の新型ヤリスクロスの見積もりを公開してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の見積もりはほぼフルオプのような見積もりになってしまったので300万をこえていますが、贅沢品を省けば200万円台で購入可能で、充実した装備も付いた、大変魅力的な一台だと感じました。

価格帯としては、C-HRとRAIZEの中間の価格帯になると思います。

そして、兄弟車のヤリス同様輸出に該当する可能性が高いので、当然リセールにも期待ができますね!

まだ試乗が出来ていませんので、総合的な評価はできませんが、価格的には非常に魅力的でした!

今後正式発表後、外観や内装のレポートもしていきますのでお楽しみに!^^

※9/4更新!ヤリスクロス内外装記事はコチラ↓

https://maaz-blog.net/archives/764

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる