2020年11月現在30後期アルファード売却相場について。

みなさんこんにちは!

管理人のmaaz(マーズ)です!

お待たせいたしました。

今回は定期配信のアルファードの売却相場記事になります。

いよいよ、2020年も11月に入り、アルファードの短期乗り換え組の皆さんの動きもかなり活発になってきましたね!

ネットの掲示板やSNS等でも色々な情報が飛び交っていますが、今最も旬な話題と言えば、何といっても2020年1月登録のアルファードの売却相場についてですよね!(私のアルファードも2020年1月登録です)

輸出対象の車を売却する時、登録月が重要な事は既に有名な話ですので、毎年この時期は1月登録の話題は非常に盛り上がりますが、今年は特にコロナの影響で相場が常に不安定な事や、改良後のアルファード(DA車やメーカーナビ改良版)がようやく1年経ちマレーシアへの輸出対象になり、これらの仕様のアルファードにいったいどれくらいの買取価格が付くのか?という事もあり、例年以上に情報収集されている方が多いようですね!

※輸出について知識がない方はこちらの記事も参考にして下さい↓

あわせて読みたい
アルファードはなぜリセールが高い?一般の方は知らない本当の理由を解説!
アルファードはなぜリセールが高い?一般の方は知らない本当の理由を解説!みなさんこんにちは!管理人のMAAZです。今回はアルファードのリセール(買取価格)について書いていきたいと思います。アルファードはリセールが良い事で非常に有名な...

私のように、2021年1月登録の次期愛車を発注してしまっている方は特に気になる事だと思いますので、現在のリアルな売却相場と、私なりの見解を述べていこうと思いますので、是非参考にして頂ければと思います。

※この記事内での見解はあくまで私の個人的な見解になりますので、最終判断は自己責任でお願いします!

売却相場も日々変動しております。

 

それではご興味ある方はどうぞ^^

 

目次

2020年11月現在アルファードの売却相場

それでは早速売却相場を見ていきますが、やはり私の予想通り2019年式の車両と、2020年1月登録の車両とで価格に若干差が出てきていますので、今回は2パターンの相場を紹介していきますね!

まずは2019年式の売却相場になります。

 

平成31年式、令和元年式1月~12月登録 アルファードSCパッケージ輸出仕様 社外ナビ  450万前後

(モデリスタエアロは+10~15万。アルパインナビは優遇傾向

平成31年式、令和元年式1月~12月登録 アルファードSCパッケージ輸出仕様 MOPナビ 510万前後

(モデリスタエアロは+10~15万)

※あくまで参考値です。仕様、状態、距離、買取店舗により異なります。

 

続いて2020年式1月登録車両の売却相場になります。

 

令和2年式1月登録 アルファードSCパッケージ輸出仕様 DA  460万前後

(モデリスタエアロは+10~15万)

※昨年同時期は500万前後

令和2年式1月登録 アルファードSCパッケージ輸出仕様 MOPナビ 540万前後

(モデリスタエアロは+10~15万)

※昨年同時期は580万前後

※あくまで参考値です。仕様、状態、距離、買取店舗により異なります。

やはり、この時期になり、2019年式の相場は落ちてきましたね。

2020年式との売却相場に開きが出てきました。

しかし2020年式も含めて全体的に相場はかなり物足りない状況です。

やはり今年は本当に難しいですね!

これは買取業者が仕入れを2020年式に仕入れを車両を変更している傾向にあるからです。

過去記事にも書きましたが、海外では年式が重要視される傾向にありますので、あと2か月ほどで「旧式」になってしまう2019年式はやはり厳しいですよね。

しかし、近年アルファードの短期乗り換えプレーヤーが増加し輸出に行く車両も増えている傾向にある為、買い取る側も当然状態の良い車両から買っていきます。その為、今まではあまり注視されていなかった「走行距離」が少ない車両は高値で売買されていますので、走行距離が5000キロ未満等の低走行車のオーナーさんは少し期待しても良いかもしれませんね。

ここまで2019年式と2020年式の車両の売却相場に差が出てきている事をお伝えしてきましたが、2020年式のオーナーさんは安心するのはまだ早いです。

なぜなら…。

マレーシア(輸出先)からのオーダーはまだ入っていないからです!

例年ならこの時期になると、海外から「1月登録の車欲しいよー!」ってな感じで日本の輸出業者に連絡が入り、オークション相場も上昇する仕組みですが、今年はご存じ通りコロナの影響で海外からのオーダーはまだ入っていいません。(マレーシアは11月の中旬まで活動制限中)

つまり、例年に比べ欲しい人が少ないってことです。

それでは、なぜ2020年式の車両の売却相場が少し良いのか??

それは、買取業者さんの判断(予想)で決めているからなんです。

つまり、現状の相場では厳しいけど、年明け相場が上がるのではないか(良い金額でオークション売却できるのではないか)という予想の元で出している買取金額という事ですね!

買取業者さんも商売です。

オークション相場が上昇しても、オークションに出す車がなければ、利益が出せませんからね!

年明けの相場に期待してギリギリのラインの金額で買取をしているようですよ!

※因みに大手さんは全くと言っていいほど期待できませんので、アルファードの買取で有名な個人業者さんがおすすめです^^

まとめ

さて、今回は2020年11月現在のアルファード売却相場について記事にしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

日本でも再びコロナの感染者が増加しており、今後の相場に関しては私自身全く予想がつきません。(誰にも分らない。)

今年の4月のように再び相場が大暴落するかもしれませんし、一瞬でも相場が高騰するかもしれません。

最終的な判断はみなさんがそれぞれ事情に合わせてすれば良いと思いますが、一つ言える事は今年に関して

購入価格以上の売却相場になる事はほぼない

と考えた方が良いと思います。

私は金儲けの為にアルファードに乗っている訳ではありませんので、現在の相場でも十分納得できますが、投資的な考えの方は今年は厳しい年になりそうですね!

短期乗り換えオーナーさんに向けての私の個人的な意見としては…。

2019年式のオーナーさん→即売却がおすすめ。

2020年式1月登録オーナーさん→年内の売却(現在の相場)がおすすめ。

※次期愛車発注済み等のケツが決まっていない状況であれば来年の相場をじっくり見てからでも良いと思います。

そもそも、いくらアルファードといえ、購入金額やそれ以上の金額で売却なんて稀な出来事です。

現状の相場でも他の車に比べれば十分なリセールを期待できますので、欲を出さずに早めの行動をお勧めしますよ。

来年になれば、売却をされる方で溢れかえるでしょうし、そうなれば需要と供給のバランスによる相場崩壊も懸念されますからね!

私のブログでは度々お伝えしていますが、短期乗り換えに必要なのは

決断力と行動力です!

頭で考えてばかりで行動せず、後で後悔しないように気を付けてくださいね!

 

私は…。

 

今後、Twitterやブログで報告していきますね!^^

※売却の際はコチラの記事も参考にして下さいね↓

あわせて読みたい
【保存版】アルファード売却時の注意点は!?押さえておくべき5つのポイント
【保存版】アルファード売却時の注意点は!?押さえておくべき5つのポイントみなさんこんにちは!管理人のmaazです!前回はアルファードを購入する時のポイントを解説しましたが、今回は売却時のポイントを解説していこうと思います!せっかく高...

 

それではまた次回の記事で!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる