2021年3月現在の30後期アルファード売却相場(リセール)について。

みなさんこんにちは!

管理人のmaaz(マーズ)です!

定期配信のアルファード売却相場(リセール)記事になります。

色々とプライベートが立て込んでおりまして配信が遅くなりまして申し訳ございません。

前回のタイプゴールド2の続報記事もとてもたくさんの方に見て頂いているようで大変感謝ですが、毎年年度末となるこの時期は購入検討されている方も、売却を検討されている方も非常に多く、車界隈は大忙しですね!

※前回の記事はコチラ↓

【続報】30後期アルファード特別仕様車Sタイプゴールド2発売情報まとめ。

今お乗りのアルファードを高値で売却し、5月発売のタイプゴールド2に短期乗換を企てている方も多いでしょうから現在の売却相場はとても気になるところですよね!

前回の売却相場記事では大変厳しい現状をお伝えしましたが、あれから一か月が経ちアルファードの相場はどう変化したのでしょうか??

もう既に御存知の方もいらっしゃるとは思いますが、私の予想通り現実は厳しい事になっていますよ…。

まあ、このコロナ禍&前回お伝えした需要と供給のバランス的な問題で、ポジティブな要因は何一つありませんので当然ではありますが。

ご興味ある方はどうぞ^^

※この記事に書かれている内容はあくまで個人的な見解になります。

必ずしも買取価格や相場を保証するものではありません。

最終判断は自己責任でお願いします。

目次

2021年3月現在の30後期アルファード売却相場(リセール)について。

それでは早速アルファードの売却相場を見ていきましょう。

※2021年3月頭の売却相場になります。↓

2020年式1月~3月登録 アルファードSCパッケージ輸出仕様(改良後) DA 420万前後

(モデリスタエアロは+5~10万)

※昨年同時期は480万前後

2020年式1月~3月登録 アルファードSCパッケージ輸出仕様(改良後) MOPナビ 480万前後

(モデリスタエアロは+5~10万)

※昨年同時期は560万前後

※あくまで参考値です。仕様、状態、距離、買取店舗により異なります。

最終的な判断は自己責任でお願いします。

2月の相場からまさかの更に下落で現状は新車登録後1年物の底値に近い状況ではないでしょうか。

この相場はかなり厳しいですねー!

今の時期の売却は絶対におすすめできません!!

正直、この相場感は輸出相場とは言えない状況であります。

つまり国内需要のみならアルファードも本来こんな感じですよ的な相場感まで落ち込んでます。

ある意味とても勉強になりますね。

実際、海外(マレーシア)からの買付は完全にストップしている訳ではありませんが、ほぼほぼ止まった状況で今のところ回復の兆しはない状況です。

相場暴落の大きな要因である2つ

①コロナの影響で海外からの買付が激減。

②需要と供給のバランス崩壊。

これは先月から変わっていませんね。

ですから、3月中もこの低相場が一変する事は考えにくいでしょう。

すべては海外の状況次第です。

特にJBL付のMOPナビ使用のリセールは目も当てられない状況になっています。

やはり、高額なグレード、高額OP装着車は実質的な損失が大きくなりますので注意が必要ですね!

マレーシアへの輸出が主な、1年物のアルファードの相場が冷え込んでいる現状ですが、一方でタイや香港等がメインの輸出先になる、いわゆる「新車即出し」「飛ばし」車両は若干ですが相場が良いようですね。(30万~40万程変わってくると思います)

それでも、購入価格を上回るような事はよっぽどの値引きをしてもらって購入していない限り難しいと思いますので、わざわざリスクを負って飛ばし行為をする人はほとんどいないと思います。つまり何が言いたいのかというと

海外の国によっては輸出も動いていますよって事です。

※新車即出し、飛ばし行為はルール違反です!ブラックリストに載り、今後トヨタ車を購入出来なくなる可能性もありますので絶対に一般の方が手を出したらダメですよ!

余談ではありますが、今(昨年からですが)輸出で熱い車両はなんといってもランクルですよね!

勿論、装備やカラー、走行距離等の条件はありますが、ハマった車両はとんでもない金額でオークションで落札されてます。

具体的な例を挙げると、2016年式のZXグレードの車両が1000万オーバーで落札されている事例も珍しくはない状況。

プラドも仕様によってはかなり高額落札されてます。

ランクルについては私は専門外なので詳細は省きますが、何が言いたいかというと

輸出パワーってやっぱりすげー!

って事ですね(笑)

まとめ

という事で今回は3月の売却相場について記事にしましたが、いかがでしたでしょうか。

2月に続き厳しい相場が続いているアルファードの相場ですが、世界的なコロナの状況を考えると今の相場もそれほど驚く(焦る)相場でもないですよね。

私達は昨年も同じような経験をしていますので、過去の経験をしっかりと活かし今後の行動を考えるべきです。

つまりマレーシアへの輸出が回復し、相場が元に戻るまで待てば良いだけです!

ランクルの例もあるように、こんな状況でも日本車を買い付ける海外の国は沢山あります。

このまま今まで様なアルファードの輸出が0になるなんてありえませんからね。

相場の状況は常にチェックしつつ、回復したら即売却できる準備を今はしておきましょう!

個人的には次のチャンスは5月のGW前後かなーなんて考えてます。

すべてはコロナ次第なので全く分かりませんが。

このブログでも皆さんが売却のタイミングを逃さないように新しい情報が入り次第記事をアップしていきますので、ブックマークしてお待ちくださいね!

※アルファードの売却を検討中の方はこちらもご覧ください↓

【保存版】アルファード売却時の注意点は!?押さえておくべき5つのポイント

とは言っても、様々な事情で売却をしなくてはならないという方もいらっしゃると思います。

そんな方はせめて信頼できる買取店を必ず探しましょう!

オークション相場をしっかりと買取価格に反映してくれる優良買取店をね!

最低でも複数社査定は絶対に行ってください。

これだけで数十万変わってくることもありますから。

最近は車買取査定も色々なタイプがあり、一昔前みたいにいろんな会社からの電話が鳴り続けるなんてことも少なくなりましたね。

電話だけで査定が出来たり、オークション代行をしてくれたり、様々な業者が存在します。

ごく一部の業者ではありますが、私も利用したことのある業者さんをご紹介しておきますね!

すぐに売却の予定がなくても、自分の愛車の査定額をとりあえずでも知っておく事はとても大切だと思います。

私も定期的に愛車の査定を受けて、リアルな相場をしっかり把握してますからね。

【ENG】アルファード、ヴェルファイア専門高価買取

【カーネクスト】

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

基本的にこの時期にアルファードを査定に出して、売却を急がすような買取業者は良い業者とは言えませんね。

得をするのは業者だけです。

良い業者というのは、この微妙な相場の現状をお客様に伝えた上で「もう少し待った方が良い」等のアドバイスをくれるお店です。

短期乗り換えをするポイントの一つには後者のような信頼できる買取店と太いパイプを作っておくという事もありますので、しっかりと買取業者を見極める必要もありますね^^

それではまた次回の記事でお会いしましょう^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる