【RXリセール】運命の一括査定実施しました!まさかの流札!?レクサスRXの査定金額は!?

みなさんこんにちは!

管理人のmaaz(マーズ)です!

今回は私の愛車であるレクサスRXの売却記事の続報になります。

このブログの読者の方はご存知の通り、私は現在レクサス新型NXを契約し1月もしくは2月の納車に向けて準備を着々と行っている身である訳ですが、昨年のアルファード同様、現愛車であるレクサスRXのリアルな売却記を今年も皆さんにお伝えする為に段階を踏んで行動を行っている状況です。

前回はまず最初の行動として、車買取店に飛び込みで愛車の査定をして頂き、衝撃の査定金額が飛び出し、複数社査定しない事の怖さをお伝えした訳ですが…

※前回の記事をご覧になっていない方は過去記事もご覧くださいね!

今回は、2段階目の行動として複数社の買取店を呼び、個別ではなく一斉に査定してもらうという最近流行りのプチオークションを行いましたのでそちらの結果をお伝えしていこうと思います。

一般的には単店に査定してもらうより手っ取り早く高額査定が出やすいと言われている最近流行りのこのプチオークション形式ですが、果たして本当に高額査定は提示されたのでしょうか??

結果は私も想像しなかった意外な結果となりましたよ…

気になる方は続きをご覧ください^^

目次

【RXリセール】運命の一括査定実施しました!まさかの流札!?レクサスRXの査定金額は!?

さて、早速今回実施をした一括査定の模様をお伝えしていきますが、利用した一括査定サイトは皆さんお馴染みのカーセンサーの一括査定。

業界最大手で加盟している店舗も非常に多く、チャンスを逃しません。

カーセンサーの一括査定はお住いの地域によって最大30社の査定が受ける事が出来ます。

買取店さんと直接やり取りする「一括査定」と全国の買取店さんが一斉に入札する「オークション」が選択できますが、私は代車の事など直接交渉したい事もありましたので、「一括査定」を今回は選択しました。

あとは大まかな愛車の情報等、必要事項を正確に入力すると…。

簡単に一括査定の申し込みが完了します!

住所や車の情報を入力している段階で何社の査定が受けれるのか表示されるのものもいい所ですね。

私の住まいは田舎なので、今回は6社に私の車のデータが送信されたようです。

6社って少し少ない気もしますが、本当に30社から連絡が来ても対応しきれませんのでこれくらいが丁度いいかもしれませんね。(笑)

入力から程なくすると、お決まりの電話ラッシュ!(笑)

私の車のデータを受け取った各買取店から我先にと鬼の様な電話がかかってきます!

これが嫌な人は当然直接やり取りのない「オークション」タイプを選択する事をお勧めします。

売却金額のボーダーラインを決め、集める業者を選定。

鬼のようにかかってくる電話にすべて対応する訳ですが、この段階でこちらの条件をしっかりと伝え、その条件を了承して頂ける買取店のみを集めます。

愛車の状態や走行距離、OP、最低ラインの売却金額、代車の有り無し、引き渡し時期等、出来るだけ明確に条件は伝えましょう。

今回、私の提示した条件は以下の通り。↓

管理人が提示した条件
  • 売却金額の最低ラインは600万
  • 代車が必要(有料でもOK)
  • 車の引き渡しは11月中(応相談)
  • 査定は複数社を呼んでのプチオークション形式

結果、6社すべての方と電話でお話しし、こちらが提示した条件をすべて了承して頂いた3社を集めての査定となりました。

つまり、600万以上という査定金額が出る可能性がある買取店のみを集めての査定会になります。

ほとんどの買取店は、「現車を見ないと分からない」と言ってくると思いますが、相手もプロですし、車の状態や装備などを細かく伝えれば大体でも相場金額はわかるはずなので、自分自身の交渉作業の負担を軽減する為にもここでの選定作業はしっかり行いましょう。

個人的には3社~5社集めれば十分かなと思います。

今回の最低売却ラインの600万という金額は正直普通の買取店からしたらかなり厳しい金額だとは思いますが、それでも査定に来ていただけるという事はそれだけやる気がある(欲しい)という事ですからね。

自社の利益だけを求めたやる気のない業者を呼んでも意味がありません。

3社を集めてのプチオークション!気になる結果は!?

私が指定した日の当日、予定通りの時刻に3社が集まり、査定がスタートしました。

みなさん黙々と査定作業を行い、何とも言えない緊張感が漂います。

当然、査定の日の朝に得意の洗車でピカピカに仕上げていきましたので、内外装共に非の打ちどころがない個体になっています(笑)

勿論、洗車をしたからと言って査定金額が上がる事は絶対にないのですが、こういった所で車をどのように扱ってきたか(大切に乗ってきたか)等をアピールできますので、間接的には影響があるのではないかと思っています。

30分ほどで各社査定作業が終わり、本部とのやり取りに入ります。

前回の記事でもお伝えしましたが、金額は査定した方が出すのではなく、決裁権のある本部のお偉いさんが出すことがほとんどです。

ほとんどの買取店は買い取った車を中古車オークションに流して利益を得ていますから、実車の状態を確認した上で、本部の方が現状のオークション相場を確認して最終的な買取金額が提示される仕組みです。

査定員の方はあくまで車両データと実車の状況を伝えるのみみたいですね。(事故車ではないかとか、細かい傷はないかとか。)

因みに私のRXの車両状態は各社さんから「メチャメチャ綺麗です」とお墨付きを頂けました。(笑)

お世辞でも嬉しいですね^^

そんなこんなで各社の査定金額が出るのを待つこと事更に30分程…。

大手買取店のA社の方が私に話しかけてきました。

買取店A社

最低ラインは600万ですか?

maaz

そうですね!お電話でもお伝えしましたが…

買取店A社

本部から560万までしか出せないと言われてしまいました…
代車も厳しいみたいです。

maaz

了解です!残念ですが、今回はご縁がなかったという事で…
本日はありがとうございました!

maaz

金額の事も代車の事も事前にお伝えしたのにな…。
お互い時間の無駄でしかない。(笑)

こんな会話がなされ、まずは買取店A社が脱落となりました。

この大手買取店A社に対しては色々と思う所はありますが、それは置いといて残りのB社とC社に期待しましょう!

しかし、A社が脱落してから約1時間程経過してもなかなか2社とも金額が本部から金額が提示されません。

B社もC社も相当悩みに悩んでいる状況です。

この状況に我慢できなくなった私は、B社、C社を集めて緊急MTをし現状の状況を報告して頂きました。(笑)

両社の状況を整理すると以下の様な状況。

B社、C社の状況

■B社

買取金額600万は本当にギリギリのライン(ホワイトノーヴァならいける)

顧客にRXを購入検討している方がいるのでその方が購入を決めてくれれば金額出せる。

代車は次期車の納車までOK

■C社

買取金額600万はホワイトノーヴァならOKだがブラックはかなりギリギリのライン。

代車は1ヶ月程度ならOK

現在のRX相場は決して良い相場とは言えず、今年の4月、5月くらいの高相場時期と比べるとかなり下落している状況ですので、600万で買取した場合、買取店さんがオークションに転売しても、予想外の事が起きない限りあまり旨味はあまりありませんのでこうなるのも仕方ありませんね。

しかも、私の過去記事でも紹介したように、ホワイトノーヴァとブラックのオークション相場が違いすぎる!(笑)

とにかく2社と色々協議した結果、両社とも「すぐには金額が出ないので一旦持ち帰らせて欲しい」という事で今回は一旦解散という異例の事態となったのでありました。(現在も連絡待ちの状態。)

まさかの流札(笑)…

果たして今年の愛車売却はどうなってしまうのか!?

次回に続く…。

まとめ

という事で今回はレクサスRX売却記第2弾として複数社による一括査定の様子をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

思わぬ結果となり、皆さんが期待するような具体的な金額をお伝え出来ずに申し訳ありません。

しかし、これが事実なので仕方がありません。

逆にこんなイレギュラーもあるんだと感じて頂けたのではないでしょうか。

中には「売却金額のボーダーラインを下げればいいじゃん!」と思う方もいらっしゃると思いますが、私のRXはまだ納車後10か月程という事や、次期愛車の新型NXの納車が2022年1月or2月の予定という事、更には現在RXの売却相場が特別良い訳では無い(むしろ悪い?)という事を考慮すると、売却金額を妥協してまで代車生活はしたくないというのが私の本音です。

という事で今回査定して頂いた2社の返答次第ではありますが、今後の行動として私の選択肢は大きく3つ。

①600万の売却が出来れば即売却。新型NXの納車まで代車生活。

②新型NXの納車目前の1月までRXを乗り続ける。(相場の回復に期待)

③カババ等のサービスを利用し、じっくり高額売却を狙う。

①は現在のRXの相場を見ると恐らくかなり厳しいと言えますし(まだ結果は分かりませんが)③は代車等の交渉が出来ないというネックがあり、現実的ではないという事が言えますので、今私の頭で濃厚な選択は②の行動になります。

走行距離にもよりますが、正直な所今売却しても1月に売却しても大きく価格に違いはないでしょうし、むしろ登録後1年経過の1月売却の方がコスパが良いなんて意見もありますからね。

因みに私と同仕様のRX(ブラック)の登録後1年経過、走行1万キロ未満の現在の相場は大まかに570万前後が相場になっていますので、十分に高リセールは期待できまからね。

今回の2社の返答も含め、私のRXの売却に関しては動きがあり次第今後もしっかり記事にしていきますので、気になる方はブックマークしてお待ちくださいね!

最後になりましたが、今回私が学んだことは…

「レクサスは白買っとけ!」

ですね!(笑)

それではまた次回の記事でお会いしましょう^^

結構車の売却って想像以上に労力を使う行動ですが、それによって数十万も売却金額が変わるのであれば、しっかりと行動したい所ですよね。

そうすれば、次の愛車への資金も余裕が出来ますし、私の様に短期乗り換えもし易くなるという訳です。

私の過去の経験上輸出業者が基本的には一番高いですが(車種による)、まれに一般的な買取店でも頑張ってくれる業者はありますので、単純に金額の高い業者を見つけましょう。

あとは、私の様に車1台体制の方達は次の愛車納車までの代車の問題がありますが、これに関しても買取店舗によっては格安もしくは無料で貸し出してくれる良心的な店舗もありますので必ず代車の事も同時に交渉しておきましょう。

私も過去に利用したことのあるいくつかのネット査定のリンクを載せておきますので参考にしてみて下さい。

すぐに愛車の売却予定がない方でも現状の相場を把握しておくといざという時に動き出しが早くなりますよ!

基本的にこの時期に愛車を査定に出して、売却を急がすような買取業者は良い業者とは言えませんね。

得をするのは業者だけです。

良い業者というのは、このコロナ禍の微妙な相場の現状をお客様に伝えた上で「もう少し待った方が良い」等のアドバイスをくれるお店です。

短期乗り換えやコスパ良く車に乗る方法の一つとしてとして後者のような信頼できる買取店と太いパイプを作っておくという事もありますので、しっかりと買取業者を見極める必要もありますね^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる