私がアルファードを選ばなかった理由。アルファードフルモデルチェンジ(40アルファード)を考察。

みなさんこんいにちは!

管理人のmaaz(マーズ)です!

前々回の記事で報告しましたが、ようやく私の次期愛車が決定しました。

色々と候補が挙がりましたが、最終候補3車種の中から今回は自身初となるレクサス車RX300FSPORTSを購入しました!

沢山の方からお祝いメッセージを頂き、本当にありがとうございます!

納車は1月を予定していますので、今後また記事にしていきたいと思います。

さて今回は、私が次期愛車になぜアルファードを選ばなかったのか?について書いていこうと思います。

私は過去に30アルファードを5台乗り継いできた生粋のアルファードマニアです(笑)

アルファードの魅力は十分理解していますし、私のライフスタイルに合った、私にとっての最良のクルマであることは今も変わりません。

それではなぜ30アルファード6台目購入に至らなかったのか!?

それには短期乗り換え組ならではの理由があったんですよ…。

ご興味ある方はどうぞ^^

目次

私がアルファードを選ばなかった理由。アルファードフルモデルチェンジ(40系アルファード)を考察。

私は今回、次期愛車にアルファードではなくレクサスRXを選んだ理由は大きく2つあります。

まず1つ目の理由として

単純にレクサスブランド、レクサス車の魅力が挙げられます。

クルマ本体の魅力は勿論、ディーラーでのおもてなしのすばらしさ等、総合的に魅力的なブランド、車種であります。

それを私も一度は体験しておきたいという想いがありました。

それと、やはりリセールマニアとしては一般的に高リセールと言われるレクサスの人気SUVであるRXが実際のところどれくらいのリセールバリューがあるのか身銭を切って確かめたかったという事があります。

今回もアルファードの時と同様にリセールを思いきり意識した購入の仕方をしていますので、この辺も今後記事にしていきたいと思います。

そして、2つ目の理由ですが、これが私の中で最も大きい理由の一つになります。

それが、アルファードのフルモデルチェンジになります。

このブログをご覧になっている皆さんならもうご存じだと思いますが、今年に入ってからアルファードのフルモデルチェンジの噂は後を絶ちませんね。

いわゆる40アルファードですが、次回のフルモデルチェンジは2021年年末から2022年春と予想されています。

初代アルファードが2002年にデビューしてから10系→20系→30系と大体6年から7年周期でフルモデルチェンジされています。

現在の30系がデビューしたのは2015年ですので、2021年で約6年、2022年で約7年となりますので、あながちこの噂もデマではありませんね。

最近では情報に信頼性のある有名クルマ雑誌にも2022年春フルモデルチェンジの情報が載っていましたので、いよいよ現実味が出てきたという感じです。

これを聞いて中には「だから何?まだ1年以上も先でしょ?」なんて感じる方もいるかもしれません。

そうです。1年先なんです。

普通に30アルファードを長期間乗られる予定の方は今購入しても全く問題ありません。

むしろ今は値引きも非常に大きいですし、納期も早いので絶好のタイミングだと思います。

しかし、私は今まで毎年アルファードを乗り換えてきた短期乗り換え組です。

今、30アルファードを購入して、1年後40アルファード登場は非常に問題があります。

それはなぜかというと…。

売却時の価格に大きく影響(売却価格が安くなってしまう)が出るからなんです!

アルファードを高リセールで売却できるのは、基本マレーシアへの輸出の対象となる登録から1年以上経過のクルマのみになります。

※アルファードの高リセールの仕組みを知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

https://maaz-blog.net/archives/194

ですから、今購入したアルファードを売却できるのは、2021年年末~2022年頭になります。

つまり、40アルファードの予想登場時期と見事にかぶってしまいます!(笑)

30アルファードを売却したい時に、もし40アルファードの情報が確定していたら型落ち扱いされ確実に売却の相場は下落します。

極端な暴落はありませんが、購入価格付近での売却は絶望的です。

私は既に過去のモデルチェンジ絡みでタイミングを間違い、損をしていますので、(30前期から後期へのマイナーチェンジの時)これは体験談になります。

ですから、色々な事を踏まえて、今回のアルファード購入は見送ろうと決意しました!

(それでも、他のクルマに比べたら十分に高リセールは狙えると思います。あくまでMAXを狙っている自分の場合はという事です。)

※私のアルファード歴はこちら↓

https://maaz-blog.net/archives/70

更に心配事を付け加えるとしたら、現状のアルファードの異常な売れ方ですよね!

  1. 今年から開始されたトヨタ車全ディーラー併売。
  2. 30後期からのアルファード人気
  3. コロナショック後のクルマ業界バブル
  4. モデル末期、併売による大幅値引き

これらの理由によって現在アルファードは月販7000台~10000台と爆売れ中!!!

勿論、これはアルファードの高リセールを皆さん知っているからでしょうが、もし1年後40アルファードの登場のタイミングでこれらの人達が一斉に売却の行動に出たらどうなるでしょうか??

需要に対して供給が過多になり相場が崩れることは目に見えていますよね!

こういった理由も含めて、今回私は30アルファードでなくレクサスRXを選択し。、じっくり40アルファードの状況を見守る環境を作りたかったのです。

※今回の意見はあくまで私の今までの経験を基にした、独断と偏見です。(個人的な意見です)

40アルファードを検討している方は参考程度に捉えて下さいね^^

まとめ

ということで今回は、私が次期愛車にアルファードを選ばなかった理由を記事にしましたが、いかがでしたでしょうか?

レクサスRXを契約したばかりの私ですが、既に40アルファードを購入の為に計算して行動している事をお分かりいただけたと思います。

アルファードが私にとって最強のクルマである事は今でも変わりません。

※アルファードのおすすめポイントの記事はコチラ↓

https://maaz-blog.net/archives/566

勿論、RXがアルファードのような高リセールではないことも十分承知していますが、昔からの憧れのクルマだった事や、相性のいい営業さんとの出会いなど、様々なタイミングが重なり、レクサス車購入に至った訳です。

今後もアルファードネタは勿論継続していきますが、契約済みのRXネタやレクサスネタも今後は多めで扱っていこうと思います!

40アルファード購入まではしっかりレクサスライフを満喫していきますよ!

それではまた次回の記事で^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる