2020年末アルファード値引情報まとめ 大切なのは値引額より〇〇〇〇です。 

みなさんこんにちは!

管理人のmaaz(マーズ)です!

今回はこんなコロナ禍でも売れに売れまくっている30後期アルファードの値引き情報と値引きを引き出す秘訣について記事にしていきたいと思います。

私は今やどこにでもいるアルファード短期乗り換え組ですので、このブログ内でもアルファードの売却相場の記事は定期的にアップしていますが、ここ最近はアルファード購入についての記事へのアクセスが非常に多い事や、読者さんからの「値引きについての記事もアップしてほしい」という趣旨のコメントも多く頂いていましたので、値引きについての私なりの個人的な見解を簡単に述べていこうと思います。

※アルファードの売却相場記事一覧はコチラ

現在アルファードの商談中の方や今後購入を検討されている方は是非参考にしてみてくださいね!

それではどうぞ!^^

目次

2020年末アルファード値引き情報まとめ

世界中を混乱に陥れたコロナウイルスでスタートした2020年もあっという間に年末になり、2021年がもうすぐそこまでやってきています。

本当に時間が経つのは早いものですね!

この時期になると、決まってネット上の掲示板やSNSで盛り上がるのがアルファードの売却相場関係のネタになります。私の様な短期乗り換えのアルファードオーナーさん達が今年も変わらず情報交換を頻繁に行っています。

値引き拡大の理由

これとともに今年非常に目立つのがアルファードを新車で購入する時の値引き額ネタになります。

みなさんご存じの通りアルファードは高額でありながら、毎月自動車販売ランキングで上位にランクインする超人気車種になりますので、それだけ情報を求めている方が多いのでしょうね。

実際私の元にも色々な情報が入ってきますが、現在はかなり値引き拡大傾向になってますね!

理由としては…。

①トヨタ系ディーラー全車種併売の影響による値引き拡大。

②モデル末期による値引き拡大

この2つが主な理由だと思います。

①は過去記事でも述べましたが、全社併売の影響で各ディーラー同士の値引き合戦が行われています。

※過去記事はコチラ↓

https://maaz-blog.net/archives/354

②は単純に現在のアルファードはフルモデルチェンジから約5年経つモデル末期の車種です。2021年末から2022年のフルモデルチェンジも既に噂レベルですが情報が出回っていますので、当然値引きも拡大します。

※こちらの記事もどうぞ↓

https://maaz-blog.net/archives/909

目標の値引き額

ネット上の掲示板では値引きが70万だとか80万だとかとんでもない金額がでていますが

正直全く現実味の無い数字でしかありません。

本当にそのような値引きで購入している人がいたとしても、一見さんがぱっと出してもらえる値引き額では絶対ありません!(役員の知り合いとか、めちゃくちゃ沢山そのディーラーで車を購入しているとか、DOPを沢山付けているとか、何かしらの理由が絶対あります。)

それでは、実際に商談時にどれくらいの値引きを目標に話を進めればいいのか?

現在の状況を踏まえて私が出した目標の値引き額を出していきますね。

※購入のグレードや販社によって数値は変わってきますので参考程度に受け止めて下さいね。

■車両本体値引き 40万円前後

■DOP値引き  2~3割引き

現実的な値引き額としてはこの辺が妥当な数字になってくると思います。

車両とDOPの値引きを合わせて45~60万前後でしょうか。

メーカーOPからの値引きは「基本」NGなのであとはDOPを沢山選択すれば「値引き額」としては上乗せが期待できます。

しかし、このブログを見ている皆さんはアルファードのリセールも意識しているでしょうから、過去記事にも書いた通り無駄なDOPの選択はNGになります。

※過去記事はコチラ↓

https://maaz-blog.net/archives/210

アルファードを購入する時に大事なのは

「値引き額」ではなく

「総支払額」になります。

例えばリセールの期待できるSCパッケージ2WDを購入するとした場合、諸費用も含めた総支払額の目標は

SCパッケージDAナビ輸出仕様(モデリスタなし) 

460万前後

SCパッケージMOPナビ輸出仕様(モデリスタなしリヤエンタ付き)

530万前後

アルファードSCパッケージの売却金額は今年の様な特殊な状況でない限り、大体の相場は決まっていますので、この辺りの金額で購入する事が出来れば1年後や2年後の乗り換えも比較的容易にすることが可能になってくると思いますよ^^

総支払額の重要性お分かりいただけたでしょうか?

目標総支払額をはじめに設定すると無駄なOPも見えやすいですし、値引き交渉もしやすいのではないしょうか?

リセールに不要なOPを大量に付けて「何十万値引きしてもらった!」という情報をみても私は全く興味がありません。

しかし、中には私が推奨するような、最低限のDOPしか選択せずにとんでもない値引きを引き出している強者も中にはいるので、そういう方は素直に羨ましいと思います(笑)

値引き額にとらわれすぎず、総支払額意識してくださいね!

値引きを引き出す方法とは

とは言え、目標の総支払額を達成するためには値引きを引き出さなくてはなりませんので、値引きを引き出す術を2つ伝授しますね(笑)

①相見積もりを必ず取る

これは全ディーラー併売になった今は必須の行動になりますね!

私自身も新車を購入する時や愛車を売却する時は相見積もりを欠かしません。(お世話になっているマイディーラー以外で購入するつもりは全くありませんが、一応相場を知る為と、マイディーラーにあぐらをかかせないようにする為です笑)

比較的値引きを引き出しやすいと一般的に言われているのはネッツ店やカローラ店ですね。

しかし、これも販社や地域によってですので、お住いの地域の販社がどのような状況なのか下調べする必要はあると思います。

②ディーラーや営業さんとの信頼関係を構築する

個人的にはこれめちゃめちゃ大事だと思います!

私は過去に30系アルファードを計5台今のディーラーから購入していますので、信頼関係はしっかりと出来上がっていると感じています。

これはすぐにできる事ではありませんが絶対に必要な事ですよね。

ディーラー(担当者)との信頼関係がしっかりと出来上がっていれば

■新車購入時の商談がスムーズ

最初からソコソコの値引きを提示してくれる。

■何かあった時の対応が早い、手厚い

■新型車情報等を最速で教えてもらえる

■予約発注を優先的にしてくれる

等のメリットがあります。

相手も商売です。

私に値引きをして車を売るメリットがなければ、大きな値引きを引き出すなんて到底無理ですよね。

私は今のディーラーで継続的に車を購入している他、お客さんを紹介するなどしてWINWINの関係が築けるようにしていますし、無理な値引きも要求しません。(当然納得いくまで交渉はしますが。)

このように、相手(ディーラーや担当)の事も考えて、良い関係性が作れれば一刻の10万20万のプラスαの値引きなんかよりも、長い目でもっと良い事があるかもしれないですよね!

トヨタ車をどこのディーラーでも購入できるこの時代に短期乗り換えを意識されてるみなさんにとっては今後の新車購入も意識してディーラーとの関係性を築くというのは非常に重要になってくると感じます。

因みに私は先日、次期愛車であるレクサスRXをアルファードを購入しているマイディーラーが経営するレクサスディーラーで契約しましたが、基本値引きがないと言われるレクサス車を驚愕の値引きで契約する事ができました。

これもアルファードで作り上げたディーラーとの信頼関係があったからこそだと思っています。

まとめ

さて今回は30後期アルファードの新車値引き相場や値引きに対する私の考えを記事にしましたがいかがでしたでしょうか。

30後期アルファードはモデル末期に入り間違いなく値引きも拡大中で購入するには最高の時期であることは間違いありません。

しかし、値引きに関しては限界がディーラーによって違うのでネットに上がっている様なとんでもない値引き額が誰にでも提示される訳では無い事がわかって頂けたと思います。

それよりも、総支払額を意識する事やあと2年以内に迫っているであろうアルファードのモデルチェンジに備えてディーラーとの信頼関係を築いておく事の方が大事なんですよね!

結局最後は人と人との信頼関係なんです!

これらはあくまで私の個人的な考えですが、アルファードを5台購入して様々な経験をして出した考えなので少しでも皆さんの参考にしてもらえたら幸いです^^

それではまた次回の記事で!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる