【RXリセール】先日行った一括査定の結果報告と現状のレクサスRXの売却相場について。

みなさんこんにちは!

マーズブログ管理人のmaaz(マーズ)です!

私も契約済み、納車待ちの新型NXの国内展示でその実車のカッコよさに完全に浮かれモードの私ではありますが、NXの納車の前にやらなくてはならない大事な仕事が私にはまだ残っています。

その仕事とは現愛車であるRXの売却であります。

前回の記事では流行りの一括査定を行ったものの、買取業者の方からまさかの金額提示を保留されてしまい、所謂「流札」状態になってしまった訳ですが、あれからしばらく経ち、ようやく返答を頂きましたのでその結果をご報告するとともに、あまり良くない?現状のRXの相場について簡単に記していこうと思います。

前回の記事も是非ご覧ください!

私と同じようにRXから次の愛車へ乗り換え検討中の方や、現行RXをこれから購入検討している方は参考にしてもらえればと思います。

それでは気になる方は続きをどうぞ^^

目次

【RXリセール】先日行った一括査定の結果報告と現状のレクサスRXの売却相場について。

売却のボーダーラインを600万に設定し、一括査定を行った訳ですが、最後まで残った2社からは「一度本部に持ち帰りじっくり検討したい」という事でその場では結果は出ず、後日連絡を頂くという異例の形でお開きとなった訳ですが、それから数日が経ち2社から連絡を頂く事が出来ました。

気になる返答は…。

「今回は厳しいので諦めます。」

という残念な返答となりました(泣)

1社は顧客さんが購入してくれれば600万でという事でしたが、残念ながら購入に至らず断念。

もう1社は現状のオークション相場を見る限り、厳しいので断念という状況になりました。

勿論私も現状の相場は事前に調べていましたので600万という数字が攻めた数字というのは分かっていましたので残念ではありますが、実際はそれほどショックではありません。

むしろ、色々なタイミングが合えばこの金額でも売却できた可能性があったという事実が新たな発見となりました。

やはり車の売却時の複数社査定は絶対に必要ですね!

今回は残念ながら契約とはなりませんでしたが、私のRXの買取の為にギリギリまで動いて頂いた2社の営業さんには本当に感謝ですね。

現状のレクサスRX300の売却相場は?

それでは現在のレクサスRXのリアルな売却相場はどうなっているのでしょうか??

今年の4月~6月くらいにRXの相場が高騰した時期がありまして、私も査定をしましたが、その時は私同様のグレード、輸出仕様の後期RX300でブラックもホワイトノーヴァも600万は余裕で超える売却相場でした。

TRDエアロ付きなら600万後半も可能な金額でしたね。

当時の査定金額はこちらの記事をご覧ください。↓

あれから時間が経ち、「徐々に相場は落ち着き現状は決して良いとは言えない状況。」というのが私の信頼する情報筋の言い分。

私も改めて最新のオークション相場を元に過去のデータを色々と調べましたが、個人的な印象としては

「元に戻った」というのが個人的な感想。

上記の記事で記した時期の相場が異常に高かったのでしょうね。

という事でそれらの相場変動を考慮した現在のRX300の売却相場は以下の通り。

現在の RX300Fスポーツ2WDの売却相場

■リセール最強仕様

■走行1万キロ未満

■登録1年未満

■ブラックorホワイトノーヴァ

■TRDエアロなし

570万~600万前後

結局、私が今年の初めに公開したRXのリセール記事通りの相場になっていますね(笑)

自分で今見返しても的確な事書いてるなーなんて思いますが(笑)

少し付け加えるとやはり前回の記事でもお伝えした通り、ボディカラーの金額差はより明確になっています。

国内需要も海外需要も圧倒的にホワイトノーヴァが強いようです。

よって、お伝えした570~600万という数字は、ブラックは下限に近い数値、ホワイトノーヴァは上限に近い数値になると解釈して頂ければと思います。

但し、これらの金額も簡単に出る金額ではない為、複数社査定や、戦略的な交渉は必須となりますよ!

管理人のRXの売却予定は?

さて、今回の一括査定で売却できなかった私のRXですが、遅くても新型NXが納車されるであろう1月の末までには売却を完了しなくてはなりません。

今後はユーカーパックさんの様な全国の業者さんが自分の愛車に入札するオークションサイトに出品して、良い金額が提示されれば売却、それがダメならしばらく時間を置いてもう一度一括査定を行い最終的な売却に持っていきたいと思います。

売却のボーダーラインは上記の570~600万で交渉していこうと思います。

因みに所謂輸出系買取店と呼ばれる業者には570万の提示を受けています。

納車近くまで乗る事はそれなりにリスクも出てきますが、愛車のRXはかなりのお気に入りなので少しでも長く乗っていたいというのも正直な気持ちです(笑)

まとめ

ということで今回は前回の記事の結果報告と現在の売却相場についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

私が改めて感じた事は売却ってタイミングが重要だなって事ですね!

特にRXは、基本的なリセールは非常に良いものの、アルファードの様に中古車市場の台数が多くない事と、輸出と国内の要因が入り混じって相場の変動が非常に読みずらい車種になっています。

現状の相場感の中でベストな金額で売却するにはある程度の労力と知識とフットワークの軽さが必要となるって事です。

高リセールで有名なRXも簡単には高額査定は引き出せません。

「実際に売却したら期待外れだった」なんてことにならないように自分が出来る事はなんでもしておきたいですね!

結果がどんな結果になろうとも、私のRXのリアルな売却記は今後もしっかり更新していきますので、RXのリセールにご興味のある方はブックマークしてお待ちくださいね!

それではまた次回の記事でお会いしましょう^^

結構車の売却って想像以上に労力を使う行動ですが、それによって数十万も売却金額が変わるのであれば、しっかりと行動したい所ですよね。

そうすれば、次の愛車への資金も余裕が出来ますし、私の様に短期乗り換えもし易くなるという訳です。

私の過去の経験上輸出業者が基本的には一番高いですが(車種による)、まれに一般的な買取店でも頑張ってくれる業者はありますので、単純に金額の高い業者を見つけましょう。

あとは、私の様に車1台体制の方達は次の愛車納車までの代車の問題がありますが、これに関しても買取店舗によっては格安もしくは無料で貸し出してくれる良心的な店舗もありますので必ず代車の事も同時に交渉しておきましょう。

私も過去に利用したことのあるいくつかのネット査定のリンクを載せておきますので参考にしてみて下さい。

すぐに愛車の売却予定がない方でも現状の相場を把握しておくといざという時に動き出しが早くなりますよ!

基本的にこの時期に愛車を査定に出して、売却を急がすような買取業者は良い業者とは言えませんね。

得をするのは業者だけです。

良い業者というのは、このコロナ禍の微妙な相場の現状をお客様に伝えた上で「もう少し待った方が良い」等のアドバイスをくれるお店です。

短期乗り換えやコスパ良く車に乗る方法の一つとしてとして後者のような信頼できる買取店と太いパイプを作っておくという事もありますので、しっかりと買取業者を見極める必要もありますね^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる