レクサスRX300 Fスポーツ 納車後3ヵ月レビュー!8つのおすすめポイントをご紹介! 

みなさんこんにちは!

管理人のmaaz(マーズ)です。

今回は、2021年1月に納車されて以来、あっという間に3ヶ月が経過した私のレクサスRX300Fスポーツのおすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

もう既に私のレクサスRXの関しては、納車後間もない頃にエクステリア編、インテリア編、そしてドライブフィール編としてひと通り記事にしている訳ですが、今回は納車後3ヵ月間ほぼ毎日RXに乗り、約2500キロ走行してみてのオーナー目線でのおすすめポイントを改めてご紹介していきます。

※RXの過去記事はコチラ↑

レクサスRXのインプレッションは既に多くのブログやYouTubeでアップされていますが、実際に購入してオーナーになった私なりの個人的な視点で試乗だけでは感じる事の出来ないリアルなおすすめポイントをご紹介していきますので、現在レクサスRXの購入を検討されている方は是非参考にして頂ければと思います

生粋のアルファードマニアである私が感じたレクサスRXのおすすめポイントとは!?

気になる方はご覧ください^^

目次

レクサスRX300 Fスポーツ 納車後3ヵ月レビュー! 8つのおすすめポイントをご紹介!

2021年1月に納車されて早3ヵ月、走行距離は約2500キロ走行した訳ですが月間約800キロ走行という事で、私のライフスタイルからすると平均的な走行距離で、アルファードの頃とさほど変わらない距離を乗っている状況です。

こういったご時世なので、旅行などには行けていませんが毎日の通勤での短距離走行、高速道路を使った長距離走行、そして山道を使ったワインディング走行と様々な環境での使用を済ませていますので、そこで感じたリアルなおすすめポイントを早速ご紹介していきます。

所有満足度の高いエクステリア

RXのおすすめポイントと言えばやっぱりこの迫力のあるエクステリアになりますね!

興味を持つ方のほとんどがこのエクステリアデザインに惚れてという感じではないでしょうか。

アルファードの様なわかり易い迫力も私は好みですが、RXのようなデザインで魅せるというか、静的質感の高さで魅せる迫力というのはアルファードとはまた違う方向性の魅力、満足度があると感じます。

元々前期型からエクステリアデザインに関してかなりの人気があったRXですが、2019年にマイナーチェンジが入り、更にスッキリとした精悍な顔つきに変わりましたね。

人によっては前期型が好みの方も多くいらっしゃると思いますが、私としては後期型もかなりカッコイイのではないかと思っています。

あとは、このボディサイズですよね!

全幅約1900mmになる大柄なサイズ感は日本での使用を前提とした場合や駐車環境によっては難儀する事もあると思いますが、やはり大柄なサイズ感からくる所有満足度というのはコンパクトサイズの車では得られない物があります。

私自身も納車直後は思いのほかサイズ感が大きく感じ、アルファードを所有していた私でも運転に多少ストレスを感じていた事もありましたが、3ヵ月経ちそれほど気にならなくなりましたね。

それでも日本の道路環境に対してサイズが大きい事には変わりありませんので、運転に自信がない方や、都心などにお住みで周辺道路が狭いという方は注意してくださいね。

RXとNXを比較検討している方も多いと思いますが、ご自宅の駐車環境や家族の運転等の問題がクリアできるのであれば確実にRXを選択する事をお勧めします。

自宅の駐車場に置いてあるRXを見るといつも誇らしい気持ちになります。

降車後の振り返り率は100%です(笑)

インテリアデザインの質感の高さ

これもエクステリアデザイン同様、レクサスらしい質感の高さがおすすめポイントになります。

現行のRXのインテリアは前期とほぼ変わらないデザインになりますので、登場から約6年前のデザインになる訳ですが、古さは全く感じませんね。

勿論、先進性、最先端という印象はありませんが、日本車らしい質感の高さで満足度は非常に高いですね。

ここはトヨタブランドの車とも明確に差別化されており、更に言うとレクサス内での差別化もしっかりとされていますね。

UXやNXと比較してもRXは上位車種だなと感じ取れる仕上がりになっています。

FスポーツのシートもUXやNXは本革がOPなのに対してRXは標準仕様ですし、革の質感もしっとり上質ですね。

当然、シート以外の内装も目に触れる部分はほぼソフトパッドや革が使用されています。

どこかのメーカーのカチカチ本革とはレベルが違いますね(笑)

ステアリングのレザーもしっとり馴染む感触は非常によく、とても握りやすいですね。

後席の質感も当然確保されており、ありがちな後席の質感はイマイチなんて事はありません。

中央にはアームレストも完備されており、ドアパネルの素材も前席同様ソフトパッドを多用し、しょぼさは全くと言っていいほどありません。

レクサス車では上位車種でしか装備されていない夜間のアンビエントライトもRXには標準装備となっており、ムーディーに車内を照らします。

最近はメルセデスの影響を受けて輸入車勢はド派手なアンビエントライトを装備している車種が増えています。

ああいったわかり易い装備も勿論良いと思いますが、個人的にはこれくらい控えめに必要なポイントだけというくらいがレクサスらしくて印象が良いです。

これも海外と日本の考え方の違いだと思いますが、日本ではどうしても輸入車のあのド派手なアンビエントライトはやんちゃなイメージが先行してしまいますよね(笑)

どちらにせよ、日本車は特に夜間真っ暗みたいな車が多いので、こういったアンビエントライトが付くと一気に高級感というか他車との差別化ができて満足度もアップしますよね!

マークレビンソンの満足度は高い

毎回リセールを意識して車を購入している私がRX購入時一番頭を悩ませて選択したプレミアムサウンドシステムのマークレビンソンですが、結果的には非常に満足度の高いOPでしたね。

こういったオーディオ関係って人によって感じ方が違うので完全に趣味の世界になりますが、私的には車内での音には拘りたい派なので選択して良かったと感じています。

前愛車のアルファードに選択していたJBLのサウンドシステムと比べて音質は少し異なりJBLは低音が得意マークレビンソンは中、高温が得意という所ですね。ボーカルの音が非常に澄んで聞こえるイメージで私の好みの音質です。

レクサス純正との聞き比べもしましたがやはり音質は全く違いますし(決して純正も悪い訳ではない)、単純にスピーカー数も増えますので音質の向上は間違いありません。

但し、20数万する高額OPになりますし、こういった感覚的な物って人により受け止め方が違いますので、選択は実際の音を聞いてからにすることをお勧めします。

個人的には大満足しています。

リセール面でも元は取れませんが、価値が0という訳ではありませんからね。

ナビのリモート操作が意外に良い

マイナーチェンジでナビモニターの位置変更をし、タッチパネル式に変更されたRXですが、意外にもリモートパッドの使い心地が良くて驚いています。

タッチパネル式になれている私はRX納車当初は「このリモートパッドは使わないだろう」なんて思っていましたが、カーソルを動かしたときの反応やクリック感も良く、今ではほとんどリモートパッドでの操作しかしていません。

手元での操作の方が運転中は視線移動も少なく安全ですし、確実に操作性が良いですね。

地図の拡大縮小もこのパッドですべて可能です。

そもそもナビのディスプレイが垂直に切り立っているので、めちゃくちゃタッチがしにくいというのも理由の一つではありますが。

パノラマルーフは開放感抜群!

これは満足度、リセール両面からの観点で超おすすめOPですね!

RXは写真の様なパノラマルーフ、そして前席のみのサンルーフと2種類のサンルーフが選択できますが、おすすめはやはりパノラマルーフですよね。

天井の大部分がガラスルーフになるパノラマルーフと前席の一部のみのサンルーフとでは開放感の違いは明らか!

天気の良い日にマクレビの高音質で音楽を聴きながらパノラマルーフを開放してのドライブは最高ですよー!(笑)

OP価格も約20万弱と高価ではありますが、リセールで元は取れるくらいのOPになりますので、絶対に装着して損はありませんよ!

逆にもしパノラマルーフを選択しなかった場合リセールは期待できませんので注意してくださいね。

見た目の部分でもパノラマルーフ選択時は通常と変わってルーフがブラックアウトされます。

私のRXはブラックなので分かりませんが、皆さんの大好きなホワイトノーヴァ選択時は流行りのツートンカラーの出来上がりです。

白黒のツートンはやっぱりカッコイイですよね!

この組み合わせはリセールも最強なので絶対におススメです。

私は白のRXを発見すると、すぐにルーフをチェックしてしまいます(笑)

安全装備、運転支援は現状の最新にアップデート済み

私が、レクサスRXに憧れを抱いたのは前期RXを街中で見かけたのがきっかけですが、その時既にアルファードを所有していました。

毎年アルファードを新車に乗り換える時期にはRXも候補に挙がってはいましたが、当時の前期RXよりもアルファードの方がADASが最新式の物が装備されており、安全装備、運転支援を重要視する私にとっては一番のネックになっていました。

しかし、2019年のマイナーチェンジを機にADAS関連も現状の最新式にようやくアップデートされ、購入が一気に現実味をおびてきたという流れでした。

現在のレクサスRXの安全装備、運転支援をおさらいしておきましょう。

レクサスセーフティシステム+

■パーキングサポートブレーキ

■プリクラッシュセーフティ

■レーントレーシングアシスト

■レーダークルーズコントロール(全車速)

■ロードサインアシスト

■先行車発信機能

■ブラインドスポットモニター

■オートマチックハイビーム

■ブレードスキャン式AHS(OP)

■パーキングサポートブレーキ

■ブラインドスポットモニター

■電動パーキングブレーキ

■オートホールド機能

■パノラミックビューモニター(OP)

過信は禁物ですが、これだけの装備が付いていれば安心感が違いますよね。

運転支援に否定的な方も中にはいらっしゃいますが、必要でなければ機能を使わなければよいだけです。

自信があるのは良い事ですが、人間である以上100%は絶対にありませんから、こういった装備はあって損はしません。

他人に迷惑をかけるリスク(交通事故)も格段に減りますからね。

私はこういった装備で先進性を感じて満足しているタイプの人間ですので、最新のADAS関連は必須装備になります。

因みにOP設定のパノラミックビューモニターは皆さんご存知の全方位カメラの事で、RXの様な大柄なボディの車は重宝する機能。

ブレードスキャン式のAHSは夜間に自動で対向車や前方の車を遮光してハイビームを行うインテリジェントなアダプティブハイビームシステムでRXを機に最新のレクサス車に次々と採用されています。

都心のお住いの様な方はあまり恩恵を受ける機会は少ないかもしれませんが、私の様な田舎に住んでいる人間にとってはとても心強い装備になっています。

アルファードの頃からAHSの恩恵は感じていましたが、RXには最新のブレードスキャン式が採用され、更に配光の精度が高まり満足度の高い物になっています。

良好な乗り心地、圧倒的な静粛性

これは納車後間もない記事のドライブフィール編でもお伝えしましたが、3ヵ月経った今でも印象は変わらないおすすめポイントですね!

私のRXはスポーツグレードのFスポーツではありますが、レクサスらしいラグジュアリーな乗り心地を確保しており、万人受けするフィーリングだと感じます。

アルファードの乗り心地が非常に良かったこともあり、スポーツモデルであるFスポーツへの乗り換えの不安も多少ありましたが、その心配も無駄だったようですね。

逆にスポーティな乗り心地を期待しているユーザーにとっては恐らく少し物足りない印象は残るのではないかという印象です。

電子制御ダンパーを装備しているFスポーツもあくまでスポーツ風味という解釈が良いと思います。

人それぞれですが、どこまで求めるかですね。

高速道路でのフィーリングは非常に安心感があります。

こういった所を見るとRXは本来ラグジュアリーSUVとしてのキャラが強い車種なんだと感じさせられます。

大きなボディ、車重からくるどっしりとしたドライブフィールは乗り心地という面ではそれだけでアドバンテージになりますからね。

静粛性に関しては圧倒的でドアを閉めた瞬間から静寂に包まれる印象。

アルファードの時も静粛性は高かったですが、RXはそれをも超える静粛性を実現しています。

私は詳細を知りませんが、トヨタ車とレクサス車では防音に対しての手のかけ方が全く違うらしいですね。

真偽は分かりませんが私の感覚ではそれも納得の静粛性。

パノラマルーフ装着車は防音の面で多少不利にはなりますが、それを差し引いても静粛性に関しては大満足です。

マークレビンソンの音も心地よく響きわたります。

こういった所はライバルの輸入車にも負けないレクサスの強みだと私は感じます。

やはりレクサスディーラーのおもてなしは良い

これは、私にとっておまけ程度のおすすめポイントにはなりますが、人によっては大きなポイントにもなり得る所ですよね。

私はご存じの通りの車好きですので様々なディーラーに伺う事が多いのですが、高級輸入車ディーラーを含めてレクサスディーラーの対応が1番だと感じますね。

車の購入ってすごく大きな買い物なのでやはりそれなりの対応をしてもらいたいというのが購入する側の正直な気持ちだと思いますが、残念ながら最低限のマナーが感じられないディーラーさんが多いのも事実です。

そんな中レクサスのディーラはどこに行っても素晴らしい対応で迎えてくれます。

ブランディングがしっかりしているというか、教育が行き届いている印象です。

豪華なラウンジが使用できる事や様々なプレゼントがもらえる等の損得に関わる所ばかりがクローズアップされがちなレクサスディーラーではありますが、私はそのような事よりも販売店として当たり前のマナーを当たり前に実行している所に一番魅力を感じています。

これまでのディーラーでは気分を悪くする事もしばしばありましたが、レクサスディーラーに関しては全くそのような事はなく、いつも気分よくディーラーを後にすることが出来ます。

今ではこういったディーラーの対応も含めて

「レクサス車を購入して良かった」

と感じていますよ。

まとめ

という事で今回は管理人である私の愛車、レクサスRX300 Fスポーツの納車後3ヶ月レヴューとして皆さんにおすすめするポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

私の個人的な感覚でのレクサスRX総合評価を点数で表すなら…。

88点!

てとこですね!((笑)

その点数って高いの?低いの?って感じだと思いますが

100点   パーフェクト!

90~99点  大満足!

80~89点  満足!

なので、限りなく大満足に近い満足って感じです(笑)

かなりの高評価だと思います!

皆さんにRXをお勧めするか、しないかで言ったら確実にお勧めするレベルで満足はしています。

とはいっても、90点台(大満足)にならなかった理由っていうのもちゃんとあるんですよね…。

そういったマイナスポイントも今後紹介していこうと思っていますよ!

RXの購入を検討されているみなさんの参考になる様、オーナー目線で良い点も悪い点も隠さず記事にしていこうと思いますので楽しみにお待ちくださいね!

それではまた次回の記事でお会いしましょう^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる